クツワムシの警鐘♪

画像■チンチンチン♪のカネタタキ。スイ~ッチョン♪のウマオイ。フィリリリ・・・♪のクサヒバリ。夜ともなれば我が家の猫額庭も、秋を深める虫たちの素晴らしいシンフォニーに満たされ、大いに心洗われ楽しませてもらっている。■さてこの季節、とても気になる名楽士がいる。彼の名はクツワムシ!その音色からは、古来より「ガチャガチャ」と愛称されている。幅広の翅を巧みに震わせ、豪快に軽快に音を刻む。それはもうウルサイと感じるほどで、竹馬の友の庭に放り込み、寝不足にさせてはニンマリしていた悪童時代が懐かしい。■温暖化防止が叫ばれる今、長い翅で長距離飛行が自慢の南方系タイワンクツワムシの勢力拡大の陰で、動きが緩慢な当クツワムシは、佐田岬半島全域から急速に姿を消しつつある。加えて、<清掃美化>の名のもとに繰り返される、過剰な刈込みによるクズやススキなど、食べ物である「雑草」の消失が、大きな衰退要因だ。■デカイ図体の割りに小さな目玉には、動物園で見世物となっている巨象と同じ悲哀が漂っている。あの゜SOS゜のごときガチャガチャの音色に、しかと耳と心を傾けたい。 (注:写真は♂緑色型・体長33mm/八幡浜市夜昼峠にて撮影)

     ==10/3(水)・愛媛新聞8面「佐田岬半島の自然⑤」寄稿版==




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント