アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
★佐田岬半島圏〜肱川水系の素晴らしき自然とSOS★
ブログ紹介
西四国に在って、「国際的な渡り鳥の回廊」として名を馳せる、日本一細長い<<佐田岬半島:55km>>圏域と、四国一の
支流数474本を誇る一級河川<<肱川>>水系の素晴らしい自然生態系とSOSを、30余年に渡って撮影している写真を添えてご紹介・・・皆さんからのVIVIDな自然情報や、ご意見を心からお待ちしています!!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
面白納得!「自然界に学ぼうやナイト」ご案内!!
面白納得!「自然界に学ぼうやナイト」ご案内!! <<第173回:自然界に学ぼうやナイト>>(毎月第2水曜日開催中) テーマ「ようこそ夏鳥の魅力を貴方に!」 会場■八幡浜市広瀬「中央公民館」2F視聴覚室 日時■2013年5月8日(水)18:30〜21:00 ★キビタキ・オオルリ・サンコウチョウ・クロツグミ・アカショウビン等々、繁殖のため東南アジアから西伊予へ遠路渡ってきた夏鳥たちを、塾生必撮の美しい生態写真スライド上映にて心を込めて解説します。未来っ子、若衆、家族揃ってのご参加・・・特に大歓迎!!老若男女を問わず、お誘い合わせで多数お越... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/01 16:39
★第171回<自然界に学ぼうやナイト>ご案内
★第171回<自然界に学ぼうやナイト>ご案内 <<第171回:自然界に学ぼうやナイト>>(毎月第2水曜日開催中) *3月テーマ「啓蟄の動植物群とパンスターズ彗星」 会場■八幡浜市広瀬「中央公民館」2F視聴覚室 日時■2013年3月13日(水)18:30〜21:00 ★「さんきら通心3月号」の面白快読タイムを皮切りに、今が旬の動植物スライド映写や渾身の調査研究発表、 そして全員参加による超楽しいフリートーキング等を通じて、自然界の素晴らしい「共生関係」や、一切のゴミを出さない暮らしに、大いに見習いながら、私たちの在るべき未来を展望し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/01 17:22
これぞ、「番町皿屋敷」のお菊さんダ〜!!
これぞ、「番町皿屋敷」のお菊さんダ〜!! 体内エネルギーのみで越冬する野生生物に習い野歩きや力仕事で熱確保! ■寒波が緩み快晴となった2月2日の午後、自宅裏の愛宕山を徘徊?した。久々の暖かな太陽光に包まれて、コスミレ・ナズナ・ホトケノザ・オニタビラコが早くも花弁を広げている。収穫直前の伊予柑畑に挟まれた細い野良道を歩いていると、何かが足元から舞い上がり背中側にヒラヒラと飛んで行った。着陸した辺りに目を凝らすとムラサキシジミ♂だ。ピッタリ閉じた翅裏は渋く目立たない茶褐色で、じっとしていると周辺の枯れ草に同化して見事なカムフラージュ効果を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/18 22:55
「節分」の<鬼払い飾り>写真を是非お寄せ下さい!!
「節分」の<鬼払い飾り>写真を是非お寄せ下さい!! 明日2・3は「節分」・・・私は長年、<鬼払いグッズ>として使用される動植物を調査しています。そこで、皆様の玄関先の<鬼払い飾り>写真を、sunkira@isis.ocn.ne.jpへ是非とも添付のほどお願い致します。 又、御地ならではの節分にまつわる<風習>等もコメント下されば幸いです! 西四国に潜む我が家の飾り写真(鰯の頭と骨+タラノキ+トベラ:バリバリシバ)をUPしましたが、お宅のモノと比較して、いかがでしょうか? PS:AKB48ゆきりん談「ワイの郷里;鹿児島じゃ、鬼にぁ、殻付きピーナッツ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/02 12:41
2013-2-13開催<<第170回:自然界に学ぼうやナイト>>へ!!
2013-2-13開催<<第170回:自然界に学ぼうやナイト>>へ!! ★<<第170回:自然界に学ぼうやナイト>>(毎月第2水曜日開催中) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/02 11:04
龍馬の如く環境維新!!
龍馬の如く環境維新!! 龍馬脱藩の道は動植物の優れたサンクチャリー!! ■今回の「さんきら通心3月号」編集は、 いつもの西向き事務所を離れ、東側の居間にパソコンを置いて四苦八苦した。 文字の選択に行き詰るたび、ガラス戸の向うを眺めては疲れた目を休める。 ■もう北帰行が始まっているのだろうか・・・ 白く輝くノスリが別れを惜しむかのように津羽井集落をつつむ青空を旋回し、 ハイタカは猛スピードで東方へと横切って行く。 まだタップリと赤実を結んでいる庭のクロガネモチには、 シロハラやヒヨドリの大柄な輩と入れ違い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/12 11:37
飾り瓦・・・屋根の上の動植物園巡り!!
飾り瓦・・・屋根の上の動植物園巡り!! ■アウト・ドア派の私にとって、寒さで身がすくんで出不精になる上、花も昆虫もまだ少ない今日この頃は、 「ウ〜ン・・・まっこと、退屈ぜよ==!」・・・若き竜馬の悶々気分。 ■おまけに、私好みの山野といえば、イノブタの百倍怖いハンター連が猟銃を撃ちまくっており、 安全な人家周辺の身近なフィールドを徘徊せざるを得ない毎日。が、そんな限られた環境の中でも <目の付け所ひとつ>で、心が和みワクワクする出遭いがある。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/26 23:18
風ぬるむ。いざ歩きめやも!
 風ぬるむ。いざ歩きめやも! マイバッグのお次はマイフィールドを持とう!! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/10 22:46
− タイトルなし −
− タイトルなし − 明けましてお芽出とうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/02 12:24
伊方町・瀬戸・高茂草原の魅力
伊方町・瀬戸・高茂草原の魅力 <<県下に誇る原生草原は佐田岬半島の至宝!>>■先般10月4日の夕方から瀬戸・高茂草原で、自然界から学ぼうとする仲間たちと集い「秋の虫たち演奏会」を満喫。開催時間を早めたことで、夕空の下に広がる広大な草原の景観美を、初めて参加された皆さんにも、ゆっくり味わって頂けたと思う。遠路はるばる松山から馳せ参じてくれた、若き昆虫研究家にして音追人の小川次郎君が、次々と個性的な名曲を披露する楽師たちの面白い生態を分かり易く解説。■チンチロリン♪のマツムシ、リ〜ン・リ〜ン・リ〜ン♪のスズムシ、ルールールー・・... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/06 21:55
佐田岬半島の自然NO.24「ニホンカワウソ」(日本獺/イタチ科)
佐田岬半島の自然NO.24「ニホンカワウソ」(日本獺/イタチ科) <<かわうそ復活大作戦>> ■ハマカンゾウにヤブカンゾウ、 コオニユリやオオキツネノカミソリの朱赤に彩られ、 我らが佐田岬半島にも、再びのまっさらな夏・・・・・・・・・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/16 11:15
佐田岬半島の自然「ミサキギセル」」(三崎煙管/キセルガイ科)
佐田岬半島の自然「ミサキギセル」」(三崎煙管/キセルガイ科) <<佐田岬半島が「ミサキギセル」世界で唯一の生息地>> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/20 11:53
逆巻く豊予海峡に舞う天女[アサギマダラ]
逆巻く豊予海峡に舞う天女[アサギマダラ] 佐田岬半島の自然Fアサギマダラ{{アサギマダラ(浅葱斑/マダラチョウ科)}}■ 「国際的な渡りの回廊=佐田岬半島」の名を高めているのは、クマタカやノスリにヒヨドリ大群などの野鳥だけではありません。逆巻く豊予海峡を、小さな翅で健気に渡る多くの昆虫たちにも、ぜひ注目して頂きたいものです。■彼らを代表する花形種がアサギマダラ・・・繊細なステンドグラス模様の翅から、淡い水色(浅葱色)の光が透ける美蝶です。東北からの微風に乗って軽やかに舞う姿は実に優雅。いつも自然観察会の人気を独占していているのも、納得で... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/09 15:25
佐田岬半島の自然Eヒヨドリ(白頭鳥/ヒヨドリ科)
佐田岬半島の自然Eヒヨドリ(白頭鳥/ヒヨドリ科) <<地球緑化の功労者>> ■現代科学の限界も秘めた伊方原子力発電所から、延々と都心に向け伸びた送電線と、゛環境に優しい゜はずの大型発電風車群(もうすぐ60基稼動)を、必死に回避しながら<南帰行>したハチクマやサシバやノスリたち。■そんな勇壮な猛禽類に続くのは、「柑橘王国=愛媛の天敵」と卑称され、大規模に駆除されているヒヨドリ連だ。好物の花蜜や果実を提供するヤブツバキやヤマザクラが伐採され、杉・檜・蜜柑等の経済木で埋め尽くされた山野。全てを奪われた彼らに、一体なにを食べろと言うのだろう?■渡... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 15:03
クツワムシの警鐘♪
クツワムシの警鐘♪ ■チンチンチン♪のカネタタキ。スイ〜ッチョン♪のウマオイ。フィリリリ・・・♪のクサヒバリ。夜ともなれば我が家の猫額庭も、秋を深める虫たちの素晴らしいシンフォニーに満たされ、大いに心洗われ楽しませてもらっている。■さてこの季節、とても気になる名楽士がいる。彼の名はクツワムシ!その音色からは、古来より「ガチャガチャ」と愛称されている。幅広の翅を巧みに震わせ、豪快に軽快に音を刻む。それはもうウルサイと感じるほどで、竹馬の友の庭に放り込み、寝不足にさせてはニンマリしていた悪童時代が懐かしい。■温暖化防止... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/09 21:04
金より緑:黄金週間から森林浴習慣へ!!
金より緑:黄金週間から森林浴習慣へ!! > ■勝ち組の大企業だと、なナント9日間連続有給休暇だつたと云う黄金週間…皆さんは如何お過ごしでしたか? 私らの小さなデザイン創房なんぞは、取引会社やクライアントさんのスケジュール次第ですから、切羽詰った稼業があっても逆に休まざるを得ない状況です。が、「ま、イイっか!」と、お気楽CMの高見盛関気分で、銭は無いけど“時間密造”の得意技を活かし、身近なフィールドを徹底的に徘徊しました。■14/28:出石山では、オカスミレやアカネスミレ・ケマルバスミレ・ヒゴスミレ・コンピラスミレ等々、15種もの菫... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/07 19:01
★早春の里山雑木林を一緒に歩いてみませんか?
★早春の里山雑木林を一緒に歩いてみませんか? ■先般、全国の高校で必修科目未履修問題が発覚し、センセイたちは大慌てだった。「少子化で、大学なんぞ誰でも楽々合格」と思いきや、新手の受験地獄の闇には驚き! しかも、教育委員会や学校長らが、黙認済みのカリキュラムだつたというから、開いたロが、もう裂けてしまいました。■受験教科に的を絞つた“点取り教育”から、まつ先に外されるのが≪倫理道徳≫という。一番大切な“心の教育”が施されないまま、煩雑な社会へポイと放り出される青少年たち・‥・。陰湿極まりないイジメや、悪質なホ一ムレス襲撃、惨忍な親兄弟殺しが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/12 15:55
弾けて臭い「バリバリシバ」で鬼退治!!
弾けて臭い「バリバリシバ」で鬼退治!!早くも立春!!先の土曜日の夜は、「節分の 鬼を演らされ オリオン座」・・・でしたが、皆さんの地区では、どのような<<節分行事>>があるのでしょうか?■私の住む八幡浜市では、割り込みのあるヒイラギの枝に、イワシの頭やトベラの葉を差し込んで庭先に飾り付けて邪鬼を払うというのが一般的なのか、「鬼面付きセット」がデパートなどで売られていました。■私の生家は、海抜450m位あったので、海岸性のトベラはとても稀少木で、子供の頃、探し出すのに往生したものです。又、園芸木以外のヒイラギは皆無で、幹に棘だらけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/05 21:26
“断腸の思い”で伐採した命木三兄弟に感謝!!
“断腸の思い”で伐採した命木三兄弟に感謝!! ■先のブログでご紹介した石鹸の木;「ムクロジ:無患子」に加え、「タイワンフウ:台湾楓」「ミモザ:フサアカシア」の“サンフレッチェ”が、正に庭に聳える「三本の矢」となり、台風や冬の木枯らし、そして夏の暑い日差から我が家と私たちを守ってくれていました。■「・・・いました」と 過去形で書かなくてはならない哀しい日が、ついにやって来たのです。三本とも胸高幹周60cm位の亜高木でしたが、それぞれに思い出深い歴史と個性があり、また問題を孕んでいたのです。■先ず西側に立つお馴染みのムクロジは、保内町西之河内... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/01 23:45
我が家の「ムクロジーしゃぼん石鹸」はGOODです!!
我が家の「ムクロジーしゃぼん石鹸」はGOODです!! !■オイラは、三浦のZボイラー♪・・・神介じゃなく、ここ愛媛県八幡浜市愛宕山の、泣く子も笑う「YELLOW HOUSE」の庭の片隅に立つ、ムクロジ科の亜高木「ムクロジ:無患子」で五猿。今んとこ、幹周30cm、樹高6mほどに成長し、直径2cmほどの丸い実をドッサリ成らしちょるとこ。そんで実の中にゃ、1cm位の黒い種子が入っとって、人様はこれにニワトリなんぞの羽を差し込み、お正月の定番「羽撞き」の羽にしたもんよ・・・まだゲーム器が無い時代、純朴な子供らの歓声につつまれ、オイラ気持ちよ〜く空中を往復し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/26 13:39

続きを見る

トップへ

月別リンク

★佐田岬半島圏〜肱川水系の素晴らしき自然とSOS★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる